高齢出産に臨む前の正しい不妊治療|天使を授かる前儀式

子供を授かるタイミング

窓

年齢による問題

30代での出産が当たり前になってきた時代ですが、やはり年齢が上がるとそれだけリスクも高まってきます。特に40代前後ですと、自然妊娠の可能性も少なくなってきますから、不妊治療を行わなければ子供を授かることが出来ないという夫婦も多いでしょう。女性だけではなく、男性も高齢になればそれだけ精子の運動率が下がってきますから、受精しにくくなると言っても良いでしょう。不妊治療を受ける時は必ずパートナー揃って検査をすることをオススメします。自分だけが検査をして問題がなければ安心ということでもありません。相手に何かしらの障害があるかもしれません。どちらにしても夫婦が一丸となって取り組む必要があるのが不妊治療なのです。

妊娠するための治療法

高齢になり妊娠を望むときには不妊治療を取り入れる人が多いのですが、不妊治療を行う上で注意しなければならない点もあります。高齢になれば多くの場合、卵子も劣化しますし、精子の動きも鈍くなってきます。自分では気づいていないかもしれませんが、何かしら問題がある可能性もないとは言い切れません。検査を行って身体に異常がない場合は一般不妊治療のタイミング法から始めるのですが、高齢の場合は時間も限られていますから、最初から人工授精を試みるケースもあります。人工的に採取した精子を人工的に子宮に注入することによって受精率を高めることが出来ます。人工授精で上手くいかなかった場合は体外受精や顕微授精にステップアップします。夫婦の体の状態に応じて治療が行われるので、まずはしっかりとした検査から始めていきましょう。