高齢出産に臨む前の正しい不妊治療|天使を授かる前儀式

妊娠しやすくするために

医者

子供を授かる時期

子供を授かりたいと思ったときにはすでに高齢と呼ばれる年齢で、妊娠しにくい身体になっていたということもあるでしょう。タイミングを逃してしまうと妊娠力が低下してしまい、自然妊娠の可能性が低くなります。30代後半からは高齢出産と呼ばれていますが、晩婚化が進んでいる昨今では40代での出産も珍しくなくなってきました。しかしやはり高齢になればそれだけ卵子も劣化してしまいますから、不妊治療を行う人も増加しています。夫婦生活を続けても2年以上妊娠しない場合は不妊症とされます。高齢で結婚した方ですと2年も待たずに不妊治療を始める人がほとんどです。時間は待ってくれませんから、出来る限りの事を早めの段階で行いましょう。

高齢で妊娠希望の場合はゆっくり治療をするというよりも最初から高度不妊治療を行うケースがほとんどです。とりあえず年齢を重ねないうちに卵子凍結を行っておくという方もいます。卵子凍結の場合は保管料が掛かりますから、長期間保管すればそれだけ高額になると思っておいて良いでしょう。高度不妊治療については体外受精や顕微授精がありますが、どちらも一般不妊治療とは異なり高額な治療費が掛かります。年収などによっては助成金が発生する場合もありますから確認しておきましょう。不妊治療を行って妊娠したとしても、高齢であれば胎児や母体にリスクが生じてしまうこともあります。医師の診断の元に無理をせずに行う事が重要になります。